新インフルエンザ×院内感染

患者さんを、そして年中危険に晒されている医師・職員を守るため!

新型インフルエンザ(A型インフルエンザ)などのウイルス、または細菌の感染拡大は、いま社会的に大きな関心事となっております。新型インフルエンザは、大流行の恐れもあると言われておりますが、患者さんはあなたの病院がウイルスの院内感染にどのような意識を持ち、対策を講じているのかと気にかけているのではないでしょうか。

2009年1月、町田市の病院で入院患者75人と職員24人の計99人にインフルエンザが感染した例もありますが、今後はこのような例が多発する恐れがあります。

病院は、「インフルエンザに発症した人たちが集まる場所」といっても過言でもありません。しかし、あなたの病院から感染者が発生したら、病院の管理体制が問題視されてしまいます。

待合室で患者さんは、こんなことを思っている

院内で新型インフルエンザに感染したら、どうしてくれるんですか!

  • 病院に行って、別の病気をもらってきたという話を聞いたことがあり心配だけど、受診しなければもっと悪化してしまうので、心配だけど来院した。
  • ウイルスは口だけでなく、鼻や目などの粘膜を介して感染するので、マスクをつけてきたけど、100パーセント感染症を避けることはできるのだろうか?
  • 待合室でマスクをしていない患者さんが咳(せき)をしているけど、あの人インフルエンザじゃないわよね?
  • 待合室に置いてある雑誌や絵本、おもちゃなどには触らないほうがいいかしら?

このように、以前とは比べ物にならないくらい患者さんは神経質になっております。どうしても、病を患っている方が集まる医療機関の待合室は、「病気をうつされるのでは?」と患者さんが心配してしまう場所なのです。

病院の評判をアップさせ、患者さんの来院数を増やすため

患者さんと従業員の命を守り、売り上げもアップ!

私は以前、あるクリニックで事務の仕事、主に集患対策を担っておりました。毎月数百万円の広告費を使い患者さん集めに苦労した経験があります。しかしそのとき集計したデータによれば、患者さんの来院動機の40パーセント以上が「口コミ」によるでした。

新型インフルエンザが流行れば流行るほど、「あの病院で感染した…」などという口コミで、実際にはそうでない場合でも、そのように思い込みウワサがウワサを呼んで患者さんが遠のいてしまうことも考えられます。

しかし院内感染対策・ウイルス対策を積極的に行っているということを、明らかにしている病院は、「たぶん、あの病院で感染した…。」などとウワサされることもなく、「あの病院なら、子供やお年よりも安心して連れて行けるわ。」と良い評判が広まることになります。

良い評判が広まり、患者さんが殺到しても対応に困るかもしれませんが、何より患者さんの命を危険に晒すことを避ける、また年中院内で働いているスタッフの感染リスクを減らすために、院内感染対策・ウイルス対策を万全に施していただきたいと思います。

ご購入ガイド  お問い合わせ

【商品名】エアエッセンス VR−40

新型インフルエンザをはじめとした院内感染対策のために、当サイトでおすすめいたします機種は、エアエッセンス VR−40です。

オゾン発生量は 最大40mg/h で除菌スペースは最大20u、脱臭スペースは最大120uと、小型ながら強力なパワーの持ち主。

セパレートされた部屋ごとに複数台の設置をお考えの場合にはピッタリです。また、広い待合室などには2〜3台設置すれば、大型機種を1台設置するよりもムラなく適量のオゾンを行き渡らせることができます。消費電力はわずか10Wとランニングコストもかかりません。

本体カラー : シルバー
オゾン発生量 : 2.5・5・10・20・40mg/h (5段階切替)

消費電力 : 最大 約10W
電源電圧 : AC100V 50/60Hz
外形寸法 : 150(W)×90(D)×170(H)mm
重量 : 約1.4kg
適応スペース :  除菌:最大20u  脱臭:最大120u
使用環境 : 0〜40℃(結露のないこと)
通常販売価格 : 180,000円(消費税込)

普通の空気清浄機では無理

そうです!普通の空気清浄機ではなくて、小さいのに広範囲のウイルス・細菌を分解除去してしまう、オゾン発生型の空気清浄機を設置してください!

院内を除菌し清潔に保つことは当然ですが、外来の患者さんが持ち込むウイルスの空気感染は、例え患者さん全員にマスクをしてもらったところで完全ではありません。

患者さんのマスクに頼るだけではなく、すでに入り込んでしまった院内の空中ウイルスを除去することができたら、ウイルス感染の確率を大きく減らすことができるのではないでしょうか。

そこで考えられる方法が、「空気清浄機」によるウイルスの除去です。しかし通常、空気清浄機はフィルターを通すことで空気を清浄化しますので、フィルターを通った空気しかきれいになりません。

一般的に使われているグラスファイバーフィルターは、小さな物質より大きな物質を取るのに効果があります。但し、空気を通すということは、いくつかの汚染物質をも通してしまうということです。

また、活性炭フィルターはより小さな微粒子や煙を取るために開発されたフィルターですが、機密度が高く、ゆっくりと空気を通すため、確かに納得できるだけの効果が得られます。但し、それでもたくさんのガス、悪臭、煙、微粒なホコリの3分の1〜2分の1を通してしまいます。

最近ではマイナスイオン発生をうたう空気清浄機も発売されています。しかし、これらはフィルターで空気をろ過する際に、イオン帯電プレートを通過させ、空気中の微粒な粉塵を帯電吸着させるという仕組みです。結局、フィルター式の空気清浄機と同じで、フィルターを通った空気しか効果が得られず、実際には機器周辺にしか効果がありません。

空気清浄機の周囲しか効果が期待できないフィルター式、イオン式とも、ろ過された空気だけしか「浄化」「イオン化」されません。このため、効果が得られるのはフィルターの近くだけに過ぎません。滞留している空気のほとんどは、フィルターを通過することなく、汚染されたままの状態になっています。

そこで空気中のウイルス・細菌などを、広範囲にわたり除去する方法をご紹介します。それは、一般的な空気清浄機とは全く違うシステムを使ったオゾン発生型の空気清浄機の導入です。

浄化範囲は広く強力で、空気中に浮遊するインフルエンザ等のウイルス、MRSA等の細菌、バクテリア、悪臭のもと、化学物質、ガスなどを分解除去します。

常に空気が浄化された快適な空間へと導き、ホルムアルデヒドやキシレンなどシックハウスの原因となる化学物質ガス、さらにカビ菌、花粉なども完全分解除去するのです。

このオゾン発生型の空気清浄機で、貴院の患者さんとスタッフをウイルス感染からお守りください。そして貴院の口コミ対策としても、ぜひご検討ください。

ご購入をご検討の際はお見積りいたします。その他、ご不明の点はお気軽にお問い合わせくださいますよう、よろしくお願いいたします。

ご購入ガイド  お問い合わせ