シックハウス症候群 一般的な対策

基本は原因物質を取り除くことと換気、しかし…。

一軒家

対策としては、原因物質を取り除くことと換気が基本です。シックハウス症候群を防ぐためには、人体に影響を与える化学物質を使用しない、もしくはそれらの使用を極力抑えた建材や接着剤を使用した住宅を選ぶこと、つまり最初が肝心だという記事を見かけたことがあります。

しかしそのような対応ができるのは、元々シックハウス症候群で苦労した方や身近にそういう方がいる場合だけでしょう。新しい住居に引っ越したり、リフォームを行った後に、シックハウス症候群の症状が現われて、そこで初めて問題の大きさに直面されたという方にも参考となる対策を記したいと思います。

住宅

最近では、ホルムアルデヒドを使用していない接着剤で壁紙を貼ったり、ホルムアルデヒドの使用を抑えたフローリングを使用するなど、シックハウス症候群に配慮した住宅も増えております。

ホルムアルデヒド等を含まない建材や接着剤を使用していても、100パーセント満足できるわけではありません。新築した住宅の場合は、完成からしばらく待ってから入居したほうがいいでしょう。最初の2〜3ヶ月でホルムアルデヒドやトルエンの濃度が大きく減少するからです。当然その間は、こまめに換気することも必要です。

換気を心がける(空気の通り道をつくる)

そして入居後の最も有効な対策も、やはり換気です。換気をする場合は、片側だけでなく、開けた窓と反対側の扉も開け、空気の通り道を作ります。

換気を心がける(夏と冬)

室内のホルムアルデヒド濃度は、温度・湿度が高くなる夏に上昇する傾向がありますので、夏場は特に注意してください。冬については、比較的長い時間窓を締め切った状態で暖房をすることになりますので、室内の温度の上昇とともにホルムアルデヒドの放散が多くなります。冬場も適度に換気するべきです。

空気清浄機

一般の空気清浄機で、粒子状物質を除去するタイプはある程度効果がありますが、ガス状物質にはほとんど効果がありません。粒子状物質もメンテナンスが不足すると除去する効率が落ちますので注意が必要です。(参考:既存の空気清浄器のしくみと限界

防虫剤、芳香剤、殺虫剤

衣類の防虫剤、芳香剤、殺虫剤などはできれば使わない。衣類の防虫剤を使用する場合、製品に表示されている標準使用量を守ってください。

カビ

目に見えるところを重点的に、そして家具や家電製品の裏など目に見えないところに生えたカビも専用の薬剤等で排除する。

家具、カーテン、日用品など

これら以外にも、私たちの日常生活においては様々な化学物質があふれています。化学物質は建材からだけでなく、家具、カーテン、日用品からも放散します。また、家庭用洗剤、床用のワックス、タバコ、香水、整髪料、化粧品などにも注意が必要です。化学物質をなるべく室内に持ち込まないよう注意しましょう。

広範囲に作用!シックハウス対策で、癒されるご家庭に!
オゾン式空気清浄機は、フィルターを通過した空気だけを清浄する従来の空気清浄機とは違い、マシーン本体から微量オゾンを発生させ、その浄化パワーが室内の全てのものに隅々まで浸透し、シックハウスの原因となる、室内空気中化学物質及び総揮発性有機化合物(VOC)を短時間で分解消去します。